RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
だから日本は平和だった

JUGEMテーマ:つぶやき。

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
日本という国は大変平和ですよね。
 
 
武力による国同士の争いは無いし、
国内でも武力による内紛はありません。
 
 
一方で、国同士が争っている場合や内紛が起きるのは、
民族や宗教が異なる事に起因する場合が
少なくありません。
 
 
けれども、日本もかつては宗教の違いによって
日本人同士が争っていた時代がありました。
 
 
では、いつから、どうして、
日本人は宗教による争いが無くなったのでしょうか。
 
 
結論から言えば、織田信長以前と、以後による違いです。
 
 
よく信長は「宗教を弾圧したヒドイ人だ」という評価されます。
 
 
比叡山焼き討ちや、長島一向一揆殲滅など、
僧侶や女子供を虐殺した残忍な人間だと。
 
 
事実、そうだとは思います。
 
 
しかし、現代に生きる我々はその恩恵を受けてもいるのです。
 
 
つまり、宗教による争いの無い、平和な時代を
謳歌している、という恩恵です。
 
 
信長以前は、僧侶が武装して戦争するのは
珍しくはありませんでした。
 
 
有名なのが比叡山と園城寺の争いや
天文法華の乱です。
 
 
お坊さん同士が殺し合うというのは
現代日本人からすれば信じられないかもしれませんが、
歴史を少し調べれば分かる事実です。
 
 
これらは宗派の違いによる争いですが
戦国時代には石山本願寺と信長の
宗教対大名の戦争もありました。
 
 
そして、この「宗教が武装して戦争をする」、
言い換えると「宗教勢力が政治に介入する」事を
止めさせたのが、信長です。
 
 
これは「平和の実現」という視点で見れば、
快挙とか偉業とかいう言葉では言い表せない成果です。
 
 
だから、僕が「平和だなぁ」と思う時は、
漏れなく「信長」が付いて来ます(笑)
 
 
実は歴史上の人物として、
信長が好きというワケではないんです。
 
 
ないのですが、物凄く尊敬しているのです。
 
 
それは、日本の平和を創った第一人者だからです。
 
 
これに続くのが徳川綱吉の「生類憐みの令」なんですが、
信長も綱吉も誤解されがちですよね。
 
 
信長はともかく、綱吉なんか「犬公方」ですから(苦笑)
 
 
だけれど、歴史という長いスパンで言えば、
綱吉が日本の平和に果たした役割は大きい。
 
 
生類というのは社会的弱者や動物類の事で、
憐れみというのは愛や優しさの事です。
 
 
つまり、弱者や動物に愛と優しさを持って
接しましょうよ、という事です。
 
 
こういう「令」が出たという事は、
実態は逆だった、という事です。
 
 
つまり、弱者や動物は虐げられる対象だった、と。
 
 
弱者や動物に優しくなんて、今では普通かもしれませんが、
昔はそうではなかった。
 
 
それを変えたのが、綱吉。
 
 
宗教による争いが無くなって、
人や動物に優しくなったら、
大分、平和に近づきますよね。
 
 
僕達の平和というのは、こうした先人達の
恩恵の上に成り立っているのです。
 
 
んで。
 
 
今日、昨日と土日でお休みだったワケですが、
僕はどこへ行かず、のんびり過ごしていました(笑)
 
 
そして、「平和だなぁ」と思いに浸っていたのです(笑)

 

 

本当は今すぐにでも動きたいんですが、

まだ行動すべき時ではないんですって(バイオリズム的に)。

 

 

急がば回れというか、待てば海路の日和ありというか。

 

 

まあ、準備期間だと思って

今を楽しむ事を大事にしています。

author:幸村一輝, category:雑感, 19:42
comments(0), -
「あなたが苦しいのは特別意識の仕業なんだよ」

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:心理学

 

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
突然ですが、あなたは「特別意識」を知っていますか?
 
 
「特別意識」というのは、
「特別であろうとする意識」の事です。
 
 
そのまんまですね(笑)
 
 
もう少し具体的に説明します。
 
 
例えば、あなたが小学生だったとします。
 
 
そして、学校のテストで、
クラスで唯一100点を取ったとします。
 
 
嬉しいですよね?
 
 
先生からはとっても褒められました。
 
 
嬉しいですよね?
 
 
それをクラスのみんなの前で発表され、
周りから尊敬の眼差しで見られるようになりました。
 
 
嬉しいですよね?
 
 
そして、家に帰ってクラスで唯一100点を取った事を
親に報告したら、とっても褒められました。
 
 
嬉しいですよね?
 
 
しかも、ご褒美に好きなモノを
何でも一つ買ってもらえる事になりました。
 
 
すごく嬉しいですよね?
 
 
何か、自分が「特別」な事をしたら
世界が喜びに満ちているような感覚。
 
 
これが「特別意識」です。
 
 
「クラスで唯一100点を取った」のは特別です。
 
 
「あなただけが先生に褒められた」のも特別。
 
 
「尊敬の眼差しで見られる」のは周囲とは違う
特別な自分です。
 
 
「ご褒美に何でも好きなモノを買ってもらえる」のも特別です。
 
 
こういう書き方をすると、特別である事は、
とても良い事のように思えます。
 
 
しかし、こういうケースもあります。
 
 
「なんで"私だけ"がこんな目に遭うの?」
「"私は世界で一番"不幸だ」
「どうせ"私は"愛されない」
 
 
ネガティブな思考で「特別であろう」とするのです。
 
 
更に、こういうケースもあります。
 
 
「"私は"ピンク色が好き」
「"私は"東京生まれです」
「"私は"ニューヨークへ行った」
 
 
これも全部「特別意識」なんです。
 
 
「え、それって普通なんじゃないの?」
とあなたは思ったかもしれません。
 
 
確かに、普通に日常的な会話や文章で
目や耳にする事が多いものです。
 
 
という事は、つまり、
"特別意識は普通に日常的なもの"なんです。
 
 
特別意識とは誰しもが持っているもので、
「私は●●だ」といして私を何かの枠にはめて、
特別であろうとする事なんです。
 
 
「それは分かったけど、だから何なの?」
って感じですよね(笑)
 
 
実はこの特別意識に支配されると、
『本当の自分を見失ってしまう』のです。
 
 
どういう事か?
 
 
僕達の本質、大元は「一個=全」です。
 
 
人によっては「神」とか「空」とか「大いなる源」とか
色んな表現がありますが、
僕達の意識は全部一つに繋がっています。
 
 
丁度、竹の一本一本は個性のある植物のようですが、
根っ子は一つで繋がっているのと同じです。
 
 
だから、心理学の大家ユングは「"集合"的無意識」
と言う呼び方をして根源は一つだと言ったし、
トランスパーソナル心理学では自己超越し、
精神的統合を謳っています。
 
 
本質は「全」つまり繋がっているのに、
特別意識は「個」を確立しようとする。
 
 
個を確立しようとするから全から分離し、
苦しみや苦悩が生まれます。
 
 
孤独とか孤立って寂しいじゃないですか。
 
 
それは人から分離している状態だからです。
 
 
又、怒りも分離感を生み出します。
 
 
怒りながら「繋がろう!」とは誰も思いませんよね(笑)
 
 
繋がって一つであれば、怒りもないし、
孤独も孤立もないのです。
 
 
つまり、苦しみがない。
 
 
にもかかわらず。
 
 
この特別意識ってやつは、僕たちを
「全」から分離しようとする。
 
 
「なんてイヤなヤツなんだ!」
 
 
と思うかもしれませんが、最初に言いました。
 
 
「自分が『特別』な事をしたら
 世界が喜びに満ちているような感覚」があると。
 
 
特別意識が分離を生み出す苦しみの元である一方、
特別である事に喜びを生み出している。
 
 
さあ、厄介ですね(笑)
 
 
これは、このように解釈します。
 
 
「僕たちはわざわざこの地球にやって来て、
 分離を体験しに来たのだ」と。
 
 
例えば。
 
 
あなたは物心ついた時からずーっと
誰かと手を繋いでいたとします。
 
 
けれども、ある時、こう思います。
 
 
「手を放したら一体どうなるんだろう?」
 
 
で、手を放してみた。
 
 
繋がりから離れると、不安ではある一方で、
自由を感じる事が出来ました。
 
 
「あ、手を放すとこうなるのか」
 
 
分かりますか?
 
 
この「分離体験」をしたいが為に、
地球にやって来たのです。
 
 
全の世界、魂の世界は、一つに繋がっています。
 
 
この物質世界ほどに、ここからここまでがコレ、
みたいに正確に区別できるものではありません。
(まあ、この区別も幻想なんですが、その説明は省略)
 
 
だから、ずっと繋がりっぱなし。
 
 
繋がりとは「愛」です。
 
 
愛とは繋がっている事なのです。
 
 
だから、全の世界は愛で満ちています。
 
 
でも、繋がりっぱなしでは飽きるんですよ(笑)
 
 
そこで「手を放したらどうなるんだろう?」を
体験したくなるワケです。
 
 
で、体験した結果が、今の僕達です。
 
 
そこでたくさんの事を学びました。
 
 
「分離すると、自由がある」
「分離すると、個という特別になれる」
「分離すると、苦しい」
「分離すると、寂しい」
「分離すると(以下略)」
 
 
繋がりっぱなしでは体験出来ない事を、
この地球に来て体験しているのです。
 
 
んで。
 
 
長々と説明して来ましたが、
何が言いたいのかと言えば、
これだけなんです。
 
 
「あなたが苦しいのは特別意識の仕業なんだよ」
 
 
何度も繰り返して恐縮ですが、
分離しているから苦しいんです。
 
 
もちろん、個であると特別感というのは、
「自己実現」というこれまた地球でしか体験出来ない
事が出来るのですが。
 
 
自己実現以前に、分離感で苦しんでいる人が多すぎます。
 
 
まあ、その苦しみが自己実現への糧になるのですが、
ここではそれは置いておいて。
 
 
とにかく、あなたが今、悩みや苦しみを抱えているのであれば、
それは特別意識の仕業だと思って下さい。
 
 
そいつは、あなた自身、あなたの本質ではありません。
 
 
あなたの本質は「全=繋がり=愛」なんです。
 
 
であるのに、特別意識に支配されて、
本当の自分を見失ってはいけません。
 
 
もし、特別意識に支配されているのだとしたら。
 
 
「特別意識ちゃん、怖がっているんだね。
 おおよしよし、大丈夫だからね〜」
 
 
って、安心させてあげて下さい(笑)
 
 
これは微妙な問題なんですが、
僕達が本当に完全に繋がってしまうと、
特別意識は死んでしまいます。
 
 
なぜなら、「特別意識=個」ですから、
「繋がり=全」となったら、
そこに個は存在しません。
 
 
だから、僕達が繋がろうとすると
特別意識が謀反を起こそうとします(笑)
 
 
そして、もし特別意識の思惑通り分離出来たら、
特別意識の謀反成功、下克上と相成るワケです(笑)
 
 
しかし、もし僕達が繋がってしまったら。
 
 
謀反失敗となら、特別意識は死んでしまうのです。
 
 
まあ、この物質世界で肉体で分離している限り、
特別意識が完全になる消滅する事はないのですが。
 
 
それでも、存在が小さくなります。
 
 
これは、特別意識にとってはとても怖い事です。
 
 
だから、僕達が繋がろうとするとき、
物凄い恐れがやってきます。
 
 
分かり易い所で言えば、告白ですよね。
 
 
告白しようとする時、多くの人は恐れを感じます。
 
 
それは特別意識が死を恐れているからなんです。
 
 
もし、告白が成功して繋がってしまったら、
その特別意識は存在が危ぶまれますから。
 
 
だから、告白が成功した後も、
特別意識はあの手この手を使って、
分離しようとします。
 
 
「どうして連絡してくれなかったの」と怒りを感じたり
「他に好きな人が出来た」と言って浮気をしたり、
「愛してあげられなくてごめん」といって離れたり。
 
 
分離すると、特別意識の思惑どおりです(苦笑)
 
 
悔しくないですか?
 
 
この文章をここまで読んでいるという事は、
あなたはもう十分に分離を体験したのではないでしょうか。
 
 
もう十分に特別意識の望みを
叶えてあげたのではないでしょうか。
 
 
だったとしたら。
 
 
これからは繋がりを選択しても良いと思いませんか?
 
 
繋がりは愛です。
 
 
愛はあなたの本質です。
 
 
繋がる事で、あなたは自分の本質に目覚めるのです。
 
 
-------------------------
 
 
と、自分でも思っても見なかった事を書いていて、
自分で自分にビックリ(笑)
 
 
ハッキリ言って、僕は特別意識が超強い人間です。
 
 
常に分離を選択しているので、超孤独です(笑)
 
 
だから、この文章は自分で自分に言い聞かせているような、
不思議な感覚でした。
 
 
なんせ、書きながら、
「ああ、自分が孤独なのは特別意識が怖がってんのか」
と思っていましたから(笑)
 
 
そして、先ずは気付く事が大切です。
 
 
気付けば変える事が出来ますから。
 
 
「OATHの法則」というのがあって、
気付いていない人に説明するのは
結構、大変なんですよね。
 
 
だから、先ず気付く事。
 
 
気付ければ、問題意識が生まれます。
 
 
問題意識が生まれれば、解決方法を探します。
 
 
解決方法が見つかれば、それに飛びつきます(笑)
 
 
んで。
 
 
今、僕の目の前に解決方法が示されています(笑)
 
 
もう、そうなるように仕組まれたとしか思えないんですが……
 
 
まあ、機を見て飛び込んでみようと思います。
 
 
それは、特別意識を殺す為ではなく、
特別意識と繋がる為に。
 
 
では、最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

author:幸村一輝, category:心理学, 22:43
comments(0), -
クソみたいな人生だからこそ、今が一番

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
最近、思う事があります。
 
 
「自分の人生、クソみたいだなぁ」
 
 
と(苦笑)
 
 
自分の過去を振り返って見ると、
全くもってロクでもないものです。
 
 
「過去=クソ」なんて公式が出来ています(笑)
 
 
ところが。
 
 
クソって、普通、流すものですよね。
 
 
という事で、僕の過去は流れていってしまいました(笑)
 
 
現在の僕は、過去からの連続性のあるものではなくて、
今より前はぜーんぶクソとして、流れて行ってしまうのです。
 
 
過去がクソだから、過去に戻りたいとか、
あの頃が良かったとか、1ミクロンも思いません。
 
 
常に、今が一番です。
 
 
過去のどんな楽しかった事や嬉しかった事よりも
常に今が一番良いのです。
 
 
もちろん、現状に不平不満が無いワケではありません。
 
 
ではないのですが、それでも過去=クソよりマシです。
 
 
もっとも。
 
 
ちょっと前まではクソみたいな人生だから、
今の自分もクソだ、と思っていました。
 
 
けれども、今はそれすらどーでもよくなってしまって(笑)
 
 
過去がクソなのは変わらないんですが、
今は全てがどーでもいいし、何でもいい。
 
 
誰が、どこで、何をしていようが、
自分が、いつ、何をしようが、
もう、全部、どーでもいい(笑)
 
 
スピリチュアル系の話を聞いていると、
「魂の成長の為に地球にやってきた」
とよく聞きます。
 
 
それはそれで信じているんですけど、
じゃあ、魂が成長してどーなんの?って。
 
 
この世は自動でより良い方向へシフトするよう
プログラムされています。
 
  
逆に、より良い方向へシフトしなかったらどうなるか?
 
 
少なくとも、人類は滅びているでしょう(笑)
 
 
だから、より良い方向へシフトする、
それが宇宙の法則です。
 
 
法則がゆえに、魂もそれに則って
より良く成長したいと願っている。
 
 
うん、それは分かる。
 
 
……で?(笑)
 
 
人間として成長して、魂が成長して、
地球が良くなって、宇宙が良くなる。
 
 
うん、それは分かる。
 
 
……で?(笑)
 
 
結局の所、この世は神様の暇つぶしから始まった
ゲームのようなもの。
 
 
暇つぶしなんだから、そこに意味なんてない。
 
 
そして、ゲームなんだから、ルール内でなら、
何をしてもいい。
 
 
何をしてもいい、って事は、何でもいいって事。
 
 
もう、ホント、究極的にどーでもいい。
 
 
僕は努力が嫌いです(笑)
 
 
努力が嫌いだから、何にも出来ません。
 
 
誰かを喜ばす事も、社会に貢献する事も、
家族を愛する事も、何にも出来ません。
 
 
何にもありません。
 
 
マジで、究極的に、なーんにも無いんです。
 
 
だから、何ですか?(笑)
 
 
何も無くても、生きてはいます。
 
 
何も無くても、何も出来なくても
今、ここに、生きてはいます。
 
 
生きる意味は無いのに、生きてはいる。
 
 
ただ、それだけ。
 
 
ただ、その事実があるだけ。
 
 
ただ、その事実を、今、ここで、感じているだけ。
 
 
その今が、一番良い。
 
 
僕の過去はクソです。
 
 
だから、過去が生まれた瞬間に、
クソとして流れていってしまいます(笑)
 
 
未来も決まっていません。
 
 
未来は決めません。
 
 
ただ、流れに身を任せているだけ。
 
 
流されるだけの未来に、意味はありません。
 
 
流されるだけの未来は、結局クソです(笑)
 
 
過去は流されるクソ。
未来も流されるクソ。
 
 
だから、今が一番いい。
 
 
そして。
 
 
今が一番いいって事すら、
もう、ホント、どーでもいい(笑)

author:幸村一輝, category:雑感, 21:44
comments(0), -
引き寄せの法則のワナ

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
今日は引き寄せの法則のワナについて
お話ししたいと思います。
 
 
引き寄せの法則というのは簡単に言えば、
願い続けていれば願いが叶う、というものです。
 
 
これが巷で流行っている(?)理由の一つは、
「努力が要らない」という事だと思います。
 
 
願えば叶うのですから、汗水垂らして
失敗してムダや損になるかもしれない
様々な時間、労力、お金が不要なのです。
 
 
ところが。
 
 
引き寄せの法則を体現出来ている人は、
知名度に比べたら圧倒的に少ないと思います。
 
 
100人に1人もいないのではないでしょうか。
 
 
では、どうして引き寄せの法則が
うまくいかないのでしょうか?
 
 
僕は、理由は大きく3つあると思っています。
 
 
ヾ蠅い剖欧譴ある
▲凜ジョンが明確でない
4蠅い"溜めて"ない
 
 
順番に説明します。
 
 
ゞ欧譴ある
 
 
例えば、お金がたくさん欲しいと願っていたとします。
 
 
ところが、もし「お金=苦労」という信念を持っていると
「お金がたくさんある=苦労がたくさんある」
事になってしまいますよね?
 
 
そーすると、お金をたくさん持つ事に
恐れを抱くワケです。
 
 
多くの人は「苦労をたくさん持ちたい!」とは
思いませんから(苦笑)
 
 
このように願いに恐れがあると、
「本当には望んでいない事」になるので、
その願いは叶いません。
 
 
願いに恐れがある場合、まず、
恐れがある事に気付く必要があります。
 
 
次に、その恐れを取り除く。
 
 
そうして初めて、お金がたくさんあるという
願いが叶える事が可能になるのです。
 
 
▲凜ジョンが明確でない
 
 
例えば、「幸せになりたい」と願ったとします。
 
 
けれども、幸せの定義は、人それぞれです。
 
 
なので、「あなたの幸せとは何か?」
を願わなくては、その願いは叶いません。
 
 
叶いません、というより、
「幸せ」という漠然とした願いなので、
叶ったとして、漠然としたものになってしまうのです。
 
 
このような場合、幸せが引き寄ってきたとしても、
自分の願いが叶ったかどうか気付かない事になります(笑)
 
 
願い=ヴィジョンを明確にするには、
時間軸を設ける事がポイントです。
 
 
時間軸というのは、
「幸せになった自分はこういう時間を過ごしている」
というものです。
 
 
それは誰かと一緒にいる事かもしれませんし、
美味しいモノを食べている時かもしれませんし、
どこかへ旅行へ行っている時かもしれません。
 
 
なので、時間軸を設ける事が重要です。
 
 
4蠅い"溜めて"ない
 
 
願いを溜める、というのは
白米を炊飯器で炊くようなものなのです。
 
 
普通、炊飯器のスイッチを押したら、
自動で炊けるまで、待ちますよね?
 
 
途中で開けて中を確認したり、
電源を切ったりしてしまっては、
美味しいご飯は食べられなくなってしまいます。
 
 
つまり、美味しいご飯を食べるという願いが叶うまでは、
「時間がかかる」という事なんです。
 
 
これは引き寄せの法則も同じ事です。
 
 
お願いをしたら、その願いを"溜める"必要があるのです。
 
 
具体的には、願いの内容を誰かに話したり、
ブログに書いたりしてはいけない、という事。
 
 
途中でアウトプットしてしまうと、
願いのエネルギーが漏れてしまうのです。
 
 
そうすると、美味しいご飯は食べられなくなってしまう。
 
 
途中で電源を切る=諦めるのも同じ事です。
 
 
なので、一旦願いをしたら、
"溜める"時間を設けて下さい。
 
 
「いつまで溜めればいいの?」
という声が聞こえてきそうですが、
現実が変わるまでです(笑)
 
 
より具体的に言えば、シンクロニシティが起きるまで、です。
 
 
アウトプットせずに願いにフォーカスし続けていると、
「丁度」を体験する事になります。
 
 
丁度、それが欲しかった。
丁度、会いたい人に会えた。
丁度、悩んでいた事の答えが来た。
 
 
こういう「丁度」感です。
そして、この「丁度」は思いもしない方向からやって来ます。
 
 
もし、引き寄せの法則を実践中で、
 銑の一つにでもあてはまっていたとしたら、
方法を見直す事をオススメします。

author:幸村一輝, category:この世の真実, 21:39
comments(0), -
本一冊で意識に変容が起きた

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
今日、本を買って、読んでいました。
 
 
本のタイトルは、
「地球ミッション
 この世は魂のトレーニングジム」
 
 
ものすっごいかる〜いノリで
スピリチュアルを語っているのですが、
これが本当にくだらない(笑)
 
 
本を読みながら声を上げて笑ったのは
久しぶりでした(笑)
 
 
しかも、最近、悩んでいた事に対して、
この本に書いてある事を実践したら、
疑問が一気に氷解!(笑)
 
 
更に、悩みを解決するような出来事が
思ってもない方向からやって来たのです!
 
 
マジパない(笑)
 
 
ただし。
 
 
この本を読めば悩みが解決する、
というワケではないと思います。
 
 
むしろ、少し前の僕だったら
くだらないと一笑に付していたでしょう。
 
 
では、僕の身に何が起きたのか?
 
 
それは、
 
 
「シンクロニシティ」です。
 
 
こういう経験はありませんか?
 
 
考えていた事が、丁度起きたとか。
 
 
欲しいと思っていたものが、丁度手に入ったとか。
 
 
会いたいと思ってた人に、丁度会えたとか。
 
 
この「丁度感」がシンクロニシティです。
 
 
で、最近の僕ときたら、このシンクロがハンパない(笑)
 
 
悩みが起きては、すぐにそれを解決するような
出来事や情報が降って湧いてくる。
 
 
昔は、悩みを解決するのに数年かかりました。
 
 
対人恐怖症は治るまで十年以上かかりましたし、
(治療開始からは1年で治りましたが)
一旦落ち込めば、2,3週間は引きずる性格でした。
 
 
それが今や、深刻な悩み(と自分では思っている)が、
数日で解決されてしまう。
 
 
そのサイクルの早い事早い事(笑)
 
 
悩みが浮かんでは消え、浮かんでは消え、
その繰り返しです(苦笑)
 
 
環境的にはなーんにも変わってないようなんですが、
意識の変化がハンパなく、目まぐるしく変わっていく。
 
 
どうしてこんな変化が起きたのか?
 
 
それは「引き寄せの法則」を実践中だからです(笑)
 
 
巷で言われている引き寄せの法則は
実は大きなワナがありまして。
 
 
そのワナを知って、回避していたら、
こうなりました(笑)
 
 
では、その「引き寄せの法則のワナ」とは?
 
 
それは、次回お話しします(笑)

author:幸村一輝, category:この世の真実, 21:21
comments(0), -
頑張りたくても、頑張れない

JUGEMテーマ:つぶやき。

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
最近、頑張りたくても頑張れません(笑)
 
 
少し前まで残業続きで帰宅が遅かったのに、
今や定時で上がれるレベル。
 
 
仕事が、無いんです(苦笑)
 
 
だから、頑張りたくても頑張れない。
 
 
元々、頑張るのとか努力とか、
そういうのが嫌いな人間です(苦笑)
 
 
出来る限り、楽をしたい。
 
 
楽をしたいから、色んな改善をします。
 
 
そーすると、どんどん効率化されていくから、
それまで頑張っていた事が
頑張らなくて良くなってくる。
 
 
で、時間が出来るから、
空いた時間でまた改善を進める。
 
 
で、仕事が無くなっていく、と(笑)
 
 
けれども、これは僕だけではなくて、
世の中全体が努力不要な方へ
流れていっている気がします。
 
 
モノは溢れ、豊かになり、
そんなに頑張らなくても
そこそこの生活が出来てしまう。
 
 
僕は深夜アニメが好きなんですが(米笑)、
最近のアニメの傾向が昔と違う。
 
 
努力が、無いんですよね。
 
 
主人公が異世界に迷い込んで活躍する話なんか、
いきなりレベル99オーバーとかで無双状態。
 
 
ドラゴンボールとかスラムダンク世代からすると、
時代の変化をひしひしと感じます。
 
 
引き寄せの法則とかありますけれど、
あれも努力不要を謳っていますよね。
 
 
我慢して、辛抱して、苦労して、
その結果、報われるのが人生。
 
 
それが、楽して、好きな事して、感謝して、
報われる人生へとシフトしている。
 
 
――ような気がする(笑)
 
 
多分、僕自身がその流れに乗っている。
 
 
と、友人にも言われました。
 
 
だから、頑張りたくても頑張れない。
そもそも、頑張りたくないんですが(笑)
 
 
んで、空いた時間に何をしているかと言えば、
断捨離したり、料理をしたり、ブログを書いたり(笑)
 
 
今まで止めていた事をしている。
 
 
それも、誰かに強制されたワケでもなく自然発生的に。
 
 
自分でもなぜそうしているのか分かりません。
 
 
まあでも、悪い事をしているワケではないので、
しばらく流れに身を任せてみます。
 
 
その内、良い事があるでしょう(笑)
 
 
こんなテキトーな生き方が許されるのも
時代なんでしょうかね。

author:幸村一輝, category:雑感, 21:12
comments(0), -
本棚から見た本当の自分

JUGEMテーマ:つぶやき。

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
昨日に引き続き、断捨離実施中です。
 
 
今日は本棚に手を付けたワケですが、
本のタイトルを見ていると、
自分が何に悩んでいたのかよく分かります(笑)
 
 
・あがり症
・社交不安障害
・アドラー心理学
・会話術
・コピーライティング etc
 
 
見事に対人関係一色(苦笑)
 
 
ここ数年、対人関係について悩み、
それを克服しようと足掻いた結果です。
 
 
そして、これらの本は全部売り払う事にしました(笑)
 
 
もう不要というか、
どーでもいいというか、
どーとでもなれというか(笑)
 
 
きっとこの先、もし同じような悩みを抱えても
この本達は読まないと思うのです。
 
 
なぜなら、今日、断捨離するまで
買った事すら忘れていたのですから(笑)
 
 
本の状態は極めて良好なので、
古本屋へ行って頂いた方が
本達も活躍出来る機会があるので喜ぶでしょう。
 
 
その本はダンボール3箱分、
200冊くらいあるのですが、
本って結構重たいんですね。
 
 
正直、ダンボール一箱だって一人運ぶのは重い(笑)
 
 
逆に言えば、今まではこれらの重みを抱えて
生きてきた事になる。
 
 
その分、身軽になれると思います。
 
 
何せ、本棚の95%とさよならするのですから。
 
 
とすると、残りの5%は何が残ったのか?
 
 
ほぼマンガです(米笑)
 
 
マンガといっても20冊くらいしかないんですが、
不思議と捨てる気にはなりませんでした。
 
 
あとは「逆説の日本史」シリーズですね。
 
 
これらは僕が対人恐怖症を
自覚する前から好きだったもの。
 
 
原点回帰と言うか、
問題を解決しようと足掻いて足掻いて足掻いて
解決した後に残ったものは、
本当に自分が好きなものだったのです。
 
 
余計なモノを削ぎ落して削ぎ落して
最後に何が残るのか?
 
 
こういうのを探っていくのも
面白いかもしれませんね。

author:幸村一輝, category:雑感, 20:32
comments(0), -
断捨離で得た気付き

JUGEMテーマ:つぶやき。

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
現在、我が家は絶賛"断捨離"中です(笑)
 
 
断捨離というのは、簡単に言えば
不要なモノを捨てるという事です。
 
 
断捨離をしていると、まあ、
よくもこれだけゴミをため込んだモノだ、
と自分に飽きれます(苦笑)
 
 
元々、物欲は少ない方で、
モノはあんまり持たないハズだったのですが、
いえ、もしかしたら世間的には
少ないのかもしれませんが。
 
 
僕の基準からすると、不要なモノが多い。
 
 
何せ、不要な雑誌が4〜5冊あるだけでも
"ゴミが多い"と感じてしまうタイプです。
 
 
もっとも――
 
 
その当時はそれが必要で、
残しておいたものでした。
 
 
それが、今や全く要らない(苦笑)
 
 
要らないどころか、あると目の毒、
気分を害するモノすらあります。
 
 
過去、自分を守り、安心させてくれたいモノ達に
感謝をしながら、次々とゴミ箱へ(笑)
 
 
あんまり、迷いがないんですよね。 
 
 
過去に価値を感じないタイプですし、
もし、捨てたモノがあとで必要になっても
それが無かったら無かったで
何とかなる事も知っていますし。
 
 
それから、無くしたと思っていたものが
出てきたりして、疲れますが、
たまにやる分に中々に面白いモノです(笑)
 
 
まだ全てが終わったわけではありませんけれども、
あと1,2日もあれば終わるでしょう。
 
 
ところで、断捨離しながら気づいたのですが、
僕はどうやら休む事がとても下手なようです(笑)
 
 
断捨離を始めたら一切休みなし。
 
 
キリの良い所が終わるまで休みませんし、
食事も取りません(苦笑)
 
 
一旦休むと、休みっぱなしになってしまう事を
知っているからです(苦笑)
 
 
再び動き出すにはエネルギーが大量に
必要なんですよね……
 
 
会社でも上司から休め休めと言われるんですが、
僕は中々休みません(苦笑)
 
 
一旦休むと、会社に行くのが億劫になるからです。
 
 
休みがあると思うから、休みがない状態がツライ。
 
 
でも、最初から休みがないと思えば、
別にツラクはありません。
 
 
それが"普通"ですから。
 
 
と、この思い込みも断捨離した方がよさそうですね(笑)
 
 
自分のキャパがそんなにない事も
分かっていますから(笑)
 
 
この気付きだけでも、今回の断捨離は
収穫があったと思いました。

 

 

ちなみに。

 

 

僕は掃除が嫌いです(笑)

 

 

なので、断捨離は好きではありません。

 

 

だから、断捨離をしなくてもいいように

普段からモノをあまり持たないようにしています。

author:幸村一輝, category:雑感, 22:34
comments(0), -
浄化風呂の意外な効果

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
浄化風呂ってご存知でしょうか?
 
 
ぬる目のお湯にお酒とお塩を入れた
お風呂の事です。
 
 
実は、僕は浄化という言葉が
あまり好きではありません。
 
 
なぜなら、「浄化をする」という事は
「私には邪気があります」
という前提がありますから。
 
 
邪気があるから、浄化するんですよね。
 
 
邪気がなければ、浄化はしません。
というか、する必要がありません(笑)
 
 
ないのですが、試しにやってみたんです、
興味本位で、浄化風呂を。
 
 
そうしたら。
 
 
それまで、僕はシャワーで済ませる事が多かったのです。
 
 
仕事も遅くなる事が多いですし、
のんびり風呂に入っているより
早く寝たい衝動の方が大きい。
 
 
けれども。
 
 
浄化風呂を経験したら、
風呂に入る事が多くなりました。
 
 
なぜって?
 
 
浄化風呂に入った後の
身体の状態が全然違ったからです。
 
 
シャワーとは比べものにならないくらいに。
 
 
具体的には、お肌の具合がとても宜しい(笑)
 
 
僕の場合は、シャワーばっかりだった反動もあり、
効果が大きかったのかもしれません。
 
 
ただ、それを差し引いても
一度は試してみてもいいレベルだと思います。
 
 
邪気なんかないと思っていましたが、
意外にも身体には色々溜まっていたようで(苦笑)
 
 
今日も浄化風呂を楽しむとします(笑)
 
 
ちなみに、入れるお酒は清酒が良く、
お塩は粗塩が良いらしいです。
 
 
まあ、この辺はプラシーボ効果を
狙ってみてもいいかもしれません(笑)

author:幸村一輝, category:雑感, 20:56
comments(0), -
自分の面倒を見れていますか?

JUGEMテーマ:つぶやき。

こんにちは、幸村一輝です。
 
 
今日は自分の面倒を見る、という話です。
 
 
「自分の面倒くらい見れてるよ」
という方もいるかもしれません。
 
 
ここで言う自分の面倒というのは
「自立して仕事して家族の面倒も見て――」
という事ではありません。
 
 
自分の気分をどれくらい大切にしているか、
という事です。
 
 
自分の気分?
 
 
例えば、あなたが毎日履いている靴があるとします。
 
 
その靴を履こうとする時、履いている時、
あなたはどんな気分でしょうか?
 
 
.謄鵐轡腑鵑上がる
△欧鵑覆蠅垢
2燭盍兇犬覆
 
 
,任△譴弌∩農欧蕕靴い任垢(笑)
自分で自分の気分の面倒が見れています。
 
 
△任△譴弌▲好肇譽垢鯤えている事になります。
ただ、気付いている分、
少しは自分を大切に出来ているかもしれません。
 
 
であれば、要注意です(苦笑)
自分はどんな靴を履いている気分がいいのか、
あるいは、悪いのか、分かっていません。
 
 
自分の感覚が、分かっていないのです。
 
 
好きな人がいると、その人の事を知りたい、
分かりたいと思い、コミュニケーションを重ねますよね。
 
 
逆に、嫌いな人、どうでもいい人だと
特に知りたいとも思いませんし、
コミュニケーション取りたいとも思いません。
 
 
これが、自分にも当てはまるのです。
 
 
自分に興味がない、嫌いだったとしたら、
自分の事を知りたいと思いません。
 
 
自分が何をしたら気分が良くなるのか、
分かってあげられていないのです。
 
 
自分を無視している、
自分を大切にしていない。
 
 
たった靴一つで何を大げさな、
と思うかもしれません。
 
 
けれども。
 
 
もし、靴一つで気分が最高に良くなるのだとしたら、
むしろ、安上がりではないでしょうか?
 
 
あなたの気分が最高の時、ちょっとやそっとの事では、
落ち込んだり悩んだり怒ったりしません。
 
 
考えてもみて下さい。
 
 
好きな人達に囲まれて、お金も時間もたっぷりあって、
健康で、何をするでも自由な人間だったとしたら。
 
 
足を踏まれたくらいで「チッ」とかなりませんよね?(笑)
 
 
気分が良くない時、余裕が無い時に
人は人に優しく出来ないのです。
 
 
ここでいう人とは、自分も含まれます。
 
 
靴だけではありません。
 
 
住んでいる場所、普段着ている服、
食べているモノ、つき合っている人。
 
 
それらは自分の気分を良くしてくれるものでしょうか?
 
 
そうでないとしたら、無意識にストレスを抱えています。
 
 
それが悪いという事ではないのですが、
長く続けば、どこかで無理が生じます。
 
 
自分が最高に心地良いと思うモノを集める、
行ってみる、食べてみる。
 
 
これが自分の面倒を見る、
自分を大切にする、という事だと思います。
 
 
ちなみに。
 
 
僕は最近履いている靴にげんなりしがちです(苦笑)
 
 
分かっている分、まだマシなのですが、
そろそろ買い換えようかと思っています。

 

author:幸村一輝, category:雑感, 21:40
comments(0), -